支出節約

クレジットカードの支出管理方法【このアプリで余裕です】

こんな方におすすめ

  • クレジットカード利用しているが、支出管理ができない方

 

年間100万円の貯金して投資してます。ポイ活も大好きです。妻、子供を養っている平凡なサラリーマンです。

家計簿アプリ愛用歴5年の私から家計簿アプリ マネーフォワードを紹介します。

 

 

3分ほどで読める記事です。読んでみてください。

 

ポイ活のために、クレジットカード利用始めたけど、支出管理ができず、支出が膨らむばかり。。。

 

そんな人多いと思います。それが理由でクレジットカードを利用したがらない人もいます。

 

ポイントのためにクレジットカード利用にして、支出が膨らんでしまっては、本末転倒です。

 

支出の流れを見える化しましょう!

 

 

 

 

支出管理アプリ|マネーフォワード(Money Forward)とは?

マネフォーワード(Money Forward)で支出削減

 

スマホ用家計簿アプリです。

 

手入力しなくてもクレジットカード利用データをアプリに連携し、グラフ化して支出分類ごと(食費、光熱費など)にグラフ化できる素晴らしいアプリです。

 

アプリが欲しい人はリンク貼っておきますね!

 

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

実際ダウンロードして使ってみて、体で覚えるのが一番早いですね。


後述に、使い方載せてます!!!

 

マネーフォワード(Money Forward)のメリット

 

メリット

 

  • クレジットカードの支出自動連携
  • 銀行利用状況の自動連携
  • 楽天証券と自動連携(投資信託で株価の上がり下がりがわかります。)

 

 

 

クレジットカードの支出自動連携

 

自動で支出データをアプリに連携できるので、手入力せずに支出の管理ができるんです。

 

買い物する度に、手入力しなきゃ。ってなると、忘れたり、面倒だから後回しにして、なかなか続かないですよね?

 

私もExcel使って、毎週末に溜めたレシートを見て、よく手入力してました。
3年間ぐらい続けたかな?(もったいない。時間の無駄です。)

 

自動化できれば、時間も手に入りますよ。

 

また、自動連携後、自動で支出分類を設定されますが、変更することができるので、自動連携されたら、支出分類を見直すだけでOKです。

 

仮にクレジットカードが利用できない店であれば、レシートをカメラでスキャンすることで、入力の手間を省くこともできます。

 

また、レシートが出ない店であれば、切り捨て方式で手入力しましょう。

 

例えば、1,198円のものを購入した場合、1,200円と入力すればOKです。


1円単位で家計簿はつける必要はありません。(そんなことやってたら気が滅入る。。。)

 

家計簿の真の目的は、お金の流れを見ることで穴(支出)を塞ぐ手段を検討するためです。

 

 

 

銀行利用状況の自動連携

 

クレジットカード以外に、銀行の口座状況も自動で連携できるため、支出以外に収入の管理もできます。

 

私はあまり使ってないです。支出見るだけで十分なので。笑

 

 

 

楽天証券と自動連携(投資信託で株価の上がり下がりがわかります。)

 

これは、楽天証券やっている人だけのメリットです。

 

投資信託やっている人はわかると思いますが、投資信託の利益状況気になりますよね?
(投資信託だから寝かせておけばいいけど、見てしまうのが人間の心理。笑)

 

連携しておけば、毎日グラフで資産の上がり下がりがわかりますよ。

 

 

 

マネーフォワード(Money Forward)のデメリット

 

デメリット

 

  • 細かく支出分類ができない
  • クレジットカードの利用が即座に反映されない

 

 

 

細かく支出分類ができない

 

メリットのところでも少し触れてますが、細かく支出分類を設定できないです。

 

たとえば、ドラッグストアって、食費、日用品どちらも売っていて、どちらも購入するときあると思います。

 

そんなとき、食費、日用品のどちらかしか設定できません。

 

精密に支出分析をしたい方は、ちょっと期待外れかもしれません。

 

 

 

クレジットカードの利用が即座に反映されない

 

クレジットカード利用したら、すぐに管理したいですよね?

 

カード会社により反映スピードは異なりますが、マネーフォワードに反映されるまでに1週間程度はみておきたいですね。

 

その1週間でたくさん使ってしまった・・・なんてこともありえるかもです。

 

ですが、現金払い一筋、または現金払い、クレジット決済等の人はオススメできません。結局手入力する手間が必要なので。

 

 

 

マネーフォワード(Money Forward)の使い方

 

マネーフォワードの使い方載せておきます。

 

画像付きでかなり詳しく記載されている記事なので、ぜひ見てください。

 

調べる前にもうダウンロードしてしまっていじくり倒した方が早いですが、

 

本当にわからない場合に見てもOKです。

 

 

>>家計簿アプリ『マネーフォワード』使い方完全ガイド。口座連携もバッチリ!

 

 

 

 

最後に

マネフォーワード(Money Forward)で支出削減

 

マネーフォワード(Money Forward)は、家計簿アプリです。

 

 

メリット

 

  • クレジットカードの支出自動連携
  • 銀行利用状況の自動連携
  • 楽天証券と自動連携(投資信託で株価の上がり下がりがわかります。)

 

 

デメリット

 

  • 細かく支出分類ができない
  • クレジットカードの利用が即座に反映されない

 

 

私はこのアプリを利用して、年間貯金額100万円を達成することができました。(どんだけ浪費家だったんだろう)

 

で、このアプリを利用する目的を忘れないでほしいです。

 

 

ポイント①

ポイ活でクレジットカード利用払いはOK。でも、支出を増やしたら意味ないです。

 

ポイント②

家計簿の真の目的は、お金の流れを見ることで穴(支出)を塞ぐ手段を検討するため

 

 

 

閲覧いただき、ありがとうございます。

 

読んでくれた人に幸あれー(^^♪

 

 

 

▼読んでおきたい記事

クレジットカード払いにするのは、このカード!

>>【2020年版】エポスカード倍速でポイントを貯める方法4選!

 

 

 

-支出節約
-

Copyright© 名もなきブログ(子持ちSE) , 2020 All Rights Reserved.